苦しい

    2つの方針

    甲状腺の癌は現在病院でどのようにして治療が行われているのかというと、基本的には手術があります。甲状腺に出来た乳...

    Readmore
    落胆する

    ホルモンが乱れる

    首の丁度前側にあるのが甲状腺です。この器官は蝶が羽を開いたような形をしているのが特徴です。私達の全身機能に大き...

    Readmore
    疲れがとれない

    女性が多い

    甲状腺炎とは別に、機能が徐々に低下してしてしまう病気もあります。この病気の場合にも、罹患するのは圧倒的に女性が...

    Readmore
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

頭痛

甲状腺の疾患と腫瘍性の症状には甲状腺ホルモンが増加するバセドウ病と甲状腺ホルモンが減少する橋本病で慢性甲状腺炎という病気があります。
あと炎症性疾患としては亜急性甲状腺炎というのがあり、このようなものと同時に腫瘍性疾患があります。
腫瘍といってもすべてが癌というわけではなく、良性腫瘍と悪性腫瘍があります。
腫瘍性疾患の症状としては、一番多くはしこりを自覚する、あるいは他人に指摘されて見つかる、あとは検診時の胸部写真で気管の偏位が見つかる事もあります。
一般的に甲状腺がんは乳頭癌をさしている場合が多いです。
何故かというと95パーセントが乳頭癌だからであり、女性に多く、30代から50代と幅広くあります。
治療としては原則として手術が主体となり、1センチ以下の乳頭癌は定期的な観察でよいという報告があります。
今後、未来分化転化の危険性があるということや、腫瘍の増大に伴なう症状の増悪の可能性がありますので病院で定期的に診察をする必要があります。
最近では病院で微小乳頭癌の治療が超音波検査が非常に普及したことと細胞診などの診断技術が良くなったことで、非常に小さい癌が発見されるようになり、小さな癌でも治療が行われる事が増えてきます。

異変が出たら放置しない

人間には甲状腺という部分があり、時々、ここに異変が出てくる場合があります。
自覚症状がある場合もあり、体の調子が悪くなったり、甲状腺の部分にしこりができたりします。
なんらかの異変を感じたらそのまま放置しないという事が大事になってきます。
甲状腺の病気は多数存在しています。
その中には、命を脅かす存在の物や放置しているとかなり症状が悪化してしまう病気も存在しています。
ですので、放置するというのは致命的になってしまう可能性がありますので、注意しなければいけないです。
そこで、異変を感じたら病院に行ってまずは検査を受け、病気が見つかれば治療を行う必要があります。
甲状腺の病気の中には癌もあります。
甲状腺に出来る癌には進行が遅い物も多くあり、自覚症状が長い間でないということもあります。
しこりはでてくる可能性がありますが、小さいと気づかない人もいるので、定期的に病院に行って甲状腺の検査を行うということが大切になってきます。
そうする事で何らかの病気になっていても早期に発見する事ができます。
早期に発見する事ができれば治療によって治る可能性も高いですし、早く治る可能性も高くなってきます。
このように、甲状腺の異変や病気について意識を高める必要があります。

オススメリンク

疲れがとれない

女性が多い

甲状腺炎とは別に、機能が徐々に低下してしてしまう病気もあります。
この病気の場合にも、罹患するのは圧倒的に女性が多いです。
甲状腺炎が中年以降の女性に多いのに対し、機能低下症はあらゆる年代で起こるのが特徴です。
Read more

関連リンク